ある日突然性病感染発覚 ~ 感染発覚から検査治療完了まで ~

そもそも自分は風俗など行ったこともなく経験はそこそこあったけども性病に関してかかるわけがないと思っていた。

発覚のきっかけは彼女からの電話。

彼女は会社の先輩とエイズの話題になり一緒に検査にいくことになったらしい。

そこまでは事前に聞いていた。

万が一感染が発覚するとこれは自分もと不安にはなったが一日もすれば忘れていた。

忘れていたころの電話でついでに性病検査もしたところクラミジアに感染していたとのこと。

これが自身も感染発覚するころになるきっかけだった。

彼女が感染ということは自覚症状はなくとももちろん自分も検査にいかなければならない。

ここで難題発生。

当時実家暮らしの自分は保険証など親に渡していたことと滅多なことでは病院にすら行かない自分がみずから保険証をだしてほしいとのひとことで何事だと当然なった。

どこか体調が悪いのか?と当然なる。

ここは耳がおかしいからと耳鼻科に行く交わしてクリア。

当然泌尿器科のお世話になったこともない自分は何をされるのか?看護婦さんに見られるのか?などいやなイメージしかわかずドキドキしながらも診察室に入り未知の世界。

感染の可能性がある経緯と病名を説明し先生の返しを緊張しながら聞く。

尿検査・血液検査でかくにんするとのことで検査開始。

再度診察室に入ると先生開口一番陽性でした。

当時病院とは縁がなかったことと世間知らずの自分は陰と陽 陽はいいイメージ=異常なしととっさに緊張から開放されよかった・・とつぶやいた。

その矢先先生からよくない、感染してますよと通告。

安堵から一気に暗闇の空間に突き落とされた感覚が今でも覚えている。

頭の中で整理ができていないうちに治療方針の説明は始まっている。

抗生物質を飲み続け完全消滅するまで定期的に薬の処方と検査の繰り返しと。

がっくりと方を落とし会計を済ませ処方箋へ。

対応は若くてきれいな女性だった。

ほかの患者も待っている中狭い処方箋内に聞こえるようにどうされましたか?という女性。

言えるわけもなくちょっとね・・・とはぐらかす。

処方薬を見ればわかったんだろうとそこからやり取りはなし。

言いつけとおり抗生物質を欠かさず飲み検査に通い完治まで約二ヶ月。

彼女とは話し合いお互い大人だし過去にもいろいろあるだろう。

お互い様ということで落ち着いた。

肝を冷やすことが多かったが思い返すと一番つらかったのは強い薬による胃荒れのため常に2~3個できていた口内炎。

今でも口内炎ができるたびに思い…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です