内緒で風俗に行ったバカ彼氏からうつされた性病

わたしは、婦人科にて性病検査をしました。

当時付き合っていた彼から突然、風俗へいって性病をうつされたと思う、と話を切り出されました。

どうやら彼は明らかな症状がでており性病であると確信していたようでした。

私は何も変わったことはありませんでした。

しかし、彼が性病であるということは私もきっとうつされているに違いありません。

彼を心底恨みました。

しかし、恨んでいるだけではどうしようもないので、婦人科へいき、検査できる性病、リン病、梅毒、肝炎を調べてもらいました。

結果がでるまでの1週間は怖くて怖くて仕方ありませんでした。

彼の方が先に病院にかかっており、リン病ということがわかりました。

検査の結果、私もリン病に感染していました。

彼を心底恨みました。

エイズに関しては、市の検査が無料で受けられるからそっちを受けてと担当医から指導があり、市の検査を受けることにしました。

エイズの検査は、ある会場に集められて行われます。

検査は血液検査なのですが、名前は匿名でオッケー、採血までの時間、見知らぬ人が大勢いるのにどんよりとした、なんともいえない空気が漂っていました。

エイズの検査も検査結果まで、1週間かかります。

エイズは完治しない病気です。

また、感染方法も血液や精液を介して感染するため、もし感染していたら親に恥ずかしくて言えるわけがない。

心底彼を恨みました。

本当にこの1週間は怖くて怖くて生きた心地がしませんでした。

結果は、また同じ会場へ行かなければなりません。

匿名検査ですので、結果発表の時間になると、番号で一人ずつ呼ばれ別室に移動します。

担当の方が封筒を持っており、封筒を開き、結果を教えてくれます。

人生でその時間が1番長く感じました。

手に汗を握るという言葉を聞いたことはありましたが、体験したことなんてありませんでした。

この時初めて、手に汗をにぎりました。

淋病になってから大好きだった風俗を封印した。

23歳の時に淋病になった事があります。

自分が性病になるなんて思ってもみなかった事でとてもショックを受けました。

20歳の時に風俗にハマってしまい給料が出る度に友達と夜の街に繰り出していました。

酷い時は週に3回は行ってました。

そんな事を続けてしまった結果淋病をうつされてしまって痛い目をみました。

最初は淋病だと言う事に気づきませんでした。

そもそも淋病と言う病気すら知りませんでした。

小便をしていた時に膿が出ていたけど寝たら治るだろうと軽い気持ちでいました。

ところが1日目は良かったものの2日目からアソコに激痛がはしり小便をするのも苦痛な状態になってしまいました。

これはもう寝たら治ると言う状態ではないとようやく気付いて3日目に病院に行きました。

病院に行ってからも地獄でした。

何が地獄かと言うと医者に自分のアソコを見せないといけなかった事です。

こんな恥ずかしい思いをしたのは後にも先にもこの時だけです。

しかし見せない事にはどうしようもないので、素直に医者に自分のアソコを見せて診断して貰いました。

そして医者に言われた事は「淋病ですね」と言う事でした。

この時に初めて淋病と言う病名を知りました。

私は内心ホッとしました。

自分のアソコから膿が出た事なんてなかったので、もう死ぬのではないかと不安だったからです。

でも医者にちゃんと見て貰って淋病と言うのは薬をぬれば治ると言うのが分かり地獄から一瞬天国に行けた気分でした。

帰ってからは貰った薬を自分のアソコに塗ると言うのを続けました。

こんな情けない姿を両親に知られなくて本当に良かったと思っています。

それから私はあれだけ好きだった風俗も全く行かなくなり今では真面目に生きるようにしています。